新型コロナウイルスについて(3月6日更新)

関西カルバリーフェローシップとして以下のような対策をとります。
感染症専門ドクターによると、今回のコロナウィルスは風邪と同じ症状で、高齢者・免疫力が落ちている人以外の重症化は殆どなく、無症状、自然治癒か市販の風邪薬での対処療法で治癒しているケースが多いという見解を出していますが、感染予防措置をもって備えることは、不特定多数が定期的に集まる教会にあっては必要であると判断し先週に引き続き、以下の事項に留意くださるようにお願いします。


1. 日曜礼拝は、石切チャペル(10時半、14時)、堺チャペル(16時半)、 通常通り行ないますが、不安のある方、免疫力に自信のない方は、午前礼拝のライブ放送を配信しますので、インターネットで礼拝してください。

インターネット環境のない方は、過去のメッセージテープなどで礼拝を守られることをお勧めいたします。平日のセミナーや祈り会に関しては、当面自粛いたします。


2. 礼拝に出席される方はマスクの着用をお願いします。教会にもマスクはあります。

会堂入り口には、ウィルス消毒液も置いていますし、台所ではお湯も出て薬用液体石鹸があるので、手洗いをお願いします。
37.5度以上の熱がある方、せき、カゼ症状のある方、 体調のすぐれない方は奉仕者を含め礼拝出席をお控えくださり、各自インターネットでの礼拝をお守りください。
牧師も礼拝後の後ろ出口での挨拶を控えさせていただきます。


3. 礼拝後は、特別な用事がなければ帰宅いたしましょう。

尚、今後の推移を見守りますが、行政から集会などの自粛要請があった場合には更なる対応を 検討し、ホームページなどに情報を更新します。
何より、主にある信仰を持って可能なことを行い、感染の収束のために祈り続けてまいります。
また感染されました方々の速やかな癒しと回復を心よりお祈り申し上げます。



詩篇91篇15節
「彼がわたしを呼ぶとき、わたしは彼に答える。
わたしは彼の悩みのときに、共にいて、
彼を救い、彼に光栄を与えよう。」



関西カルバリーフェローシップ