【メッセージ】2019年8月11日 「耐え忍ぶことの恵み」

  ●聖書箇所や賛美の歌詞など詳細を表示する

ヤコブの手紙5章2~3・5~11・13~15節

キッズクラス「エルサレム会議」

心のオアシス 2019年8月11日

 働き者の靴屋のもとへ、ある日、乞食の姿になって天使が現われました。靴屋は乞食の姿を見ると、うんざりしたように言いました。「おまえが何をしにきたかわかるさ。しかし、私は朝から晩まで働いているのに、家族を養っていく金にも困っている身分だ。ワシは何も持ってないよ。ワシの持っているものは二束三文のガラクタばかりだ」そして、嘆くように、こうつぶやくのでした。「みんなそうだ、こんなわたしに何かを、くれと言う。そして、今までわたしに何かをくれた人など、いやしない・・・」乞食は、その言葉を聞くと答えました。「じゃあ、わたしがあなたに何かをあげましょう。お金に困っているのならお金をあげましょうか。いくらほしいのですか? 言ってください。」靴屋は面白いジョークだと思い笑いながら答えました。「そうだね。じゃ、100万円くれるかい」「では、100万円差し上げましょう。ただし、条件が1つあります。100万円の代わりにあなたの足をわたしにください」「何?! 冗談じゃない! この足がなければ、立つことも歩くこともできやしない。やなこった、たった100万円で足を売れるものか」「わかりました。では1000万円あげます。ただし条件があります。1000万円の代わりに、あなたの腕をわたしにください」「1000万円?! この腕がなければ、仕事もできなくなるし、可愛い子どもたちの頭もなでてやれなくなる。つまらんことを言うな。1000万円で、この腕売れるか!」「じゃあ、1億円あげましょう。その代わり、あなたの目をください」「1億円?! この目がなければ、この世界の素晴らしい景色も、女房や子どもたちの顔も見ることができなくなる。ダメだ、1億円でこの目は売れない!」 すると乞食は言いました。「あなたはさっき、何も持っていないと言っていましたが、本当はお金には代えられない価値あるものをいくつも持っていますよね。しかも、それらは全部神さまからもらったものでしょう?!」 
 この例話から学ぶのは、感謝をすると、今、目の前にある大切なものに気づくことができるということです。わたしたちは足りない部分はよく気が付くのですが、満たされて部分に関しては、当然それがあるものだという前提で、そのことを何も考えないで過ごしていることがいかに多いことでしょうか。指をおりながら小さな感謝を数えてみませんか?

【メッセージ】2019年8月4日 「求めないから得られない」

  ●聖書箇所や賛美の歌詞など詳細を表示する

ヤコブの手紙4章1~15節

キッズクラス「第一回宣教旅行」