心のオアシス 2019年6月16日

 黒川伊保子さんの著書「妻のトリセツ」は、実に男性と女性の考え方の違いを明快に説明している。以下がその一部です。
女性脳は大切な対象に意識を集中し、ちょっとの変化も見逃さず、相手が何も言わなくても、何を求めているのか、どうすれば相手がうれしいか、その意図を察して生きている。これは、物言わぬ赤ん坊を育てるために女性脳に装備された能力だから、「察すること」イコール「愛の証し」だと信じているのだ。「察してなんぼ」の女性脳にとって、「言ってくれれば、やったのに」というセリフは、察することを放棄した言葉であり、「僕はあなたに何の関心もない」「あなたを大切に思っていない」と同義なのである。
男性脳は大切なものに対して、習慣的に責務を果たすことを旨とする。
毎月給料を渡し、毎週決まった日にゴミを出し、毎日同じように帰宅する。これが男性脳が「妻を大切にしている」証しなのだ。察する機能がついていない男性脳に察しろと言うのはむずかしい。「言ってくれれば、やったのに」は本音であり、思いやりである。
しかし、このような場面で、言うべきなのは「気がつかなくてごめん。僕がやるべきだったね」だ。察したい気持ちを伝えるこのセリフは、ときには愛を伝える言葉にもなる。女性にとっての愛の証しと男性にとっての愛の証しが異なるから通じない。しかし、女性を大切にしていることを伝えるには、男性が女性に合わせる必要がある。譲歩することが愛情にもなる。
それにしても男性にとって、察することは意識的な訓練が必要だ。
でも、それは人間関係で必ず役に立つはず。

 なるほどと思わせられる。これを読みながら男性は、このような川柳を作るのです。「AIに 翻訳させたい 妻の機嫌」「この俺に 温かいのは 便座だけ」「諦める 妻のトリセツ 日々進化」
 教会は、世の中で闘うお父さんも応援しています。ヽ(´▽`)/

【メッセージ】2019年6月9日 「予想できない神の恵み」

  ●聖書箇所や賛美の歌詞など詳細を表示する

創世記37章18~20・28~36節

キッズクラス「聖霊がくだる」

心のオアシス 2019年6月9日

 エン・グルデルはアメリカの心理学者です。口唇裂で生まれた彼女は、いつも劣等感に悩まされていました。今は簡単な手術で矯正できますが、エンが生まれた当時は、それは大変なことでした。エンはうつ病に悩まされ、いつも両親を恨みました。すると両親も友人もエンを避けるようになり、結局彼女は、世のすべての人が自分を嫌っていると考え、誰も自分のことは愛してくれないと思っていました。
 ある日、学校で聴覚の検査がありました。それは、教室の中に仕切りを設けて、仕切りの向こうにいる担任の先生が言う言葉をそのまま繰り返して、どれほど正確に聞けるかを調べるテストでした。たとえば、先生が「今日は天気がいいよ」と言って、それが聞こえたら、そのまま繰り返すのです。ところがエンの順番になると、先生は他の生徒たちに言った言葉とは全く違う言葉を言いました。「あなたが私の娘だったら良かったのに」この言葉に驚いたエンは、先生の言葉を繰り返す代わりに、「先生、本当ですか?」と尋ねました。エンが言った言葉の意味を見抜いた先生は、「そうよ。本当にあなたが私の娘だったら良かったのに」と言いました。そしてその言葉によって少女の人生が変えられたのです。
 世の中は、人の存在価値を見失わせるような価値基準や社会構造によって成り立っています。自分の存在価値を維持するために、必死になってノルマを達成し偏差値を上げる努力をします。基準に達すれば評価され、そうでなければ切り捨てられてしまう、そんな社会の中で、選ばれる人たちは、ほんのひと握りの人たちしかいないのです。人はみな苦しみもがきながら生きています。
 しかし、朗報です! 世の基準ではなく、天の基準で私たちを見つめ続けておられる方がいらっしゃいます。それはあなたに何ができる、できないかではなく、ただあなたという存在に対して「あなたがわたしの息子、わたしの娘だったら良かったのに」とおっしゃっておられるのです。神はあなたを無条件で愛しておられるからこそ、ひとり子キリストを地上に贈って罪の贖いをしてくださいました。信じた方がお得です。

【メッセージ】2019年6月2日 「違いのわかる男と女」

  ●聖書箇所や賛美の歌詞など詳細を表示する

創世記37章1~11節