心のオアシス 2019年3月3日

 石油会社に入社した若い時代のロックフェラーは、石油缶の自動はんだ付けがきちんとできているかをチェックする、簡単で単純な仕事を任されていました。6ヶ月が過ぎて、とうとう我慢の限界に達し、上司に仕事内容の文句を言ったロックフェラーに向かって、責任者がこう言いました。「夢を大きく持っているなら、今、単純な仕事をしていたとしても、どうすれば人よりも上手くできるかを悩みなさい。そして、世の中に大切でないことは何もないということを肝に銘じなさい!」この言葉を聞いたロックフェラーは、一生懸命仕事をし始めました。そして溶接剤が自動で落ちる量と速度を詳しく観察して研究し、溶接する石油缶の蓋に溶接剤が39滴落ちることを確認しました。彼は緻密な計算をして38滴で石油缶の蓋は完全に溶接できると考え、38滴型溶接機を開発しました。これを用いれば、石油缶ごとに溶接剤を1滴ずつ節約することができるのです。たとえ1滴でも、1年で5億ドルも節減することができるのです。この一滴は、後にロックフェラーを石油王として成長させるきっかけとなりました。
 私たちも長い間待つことで疑いを抱いたり、苦しみのために視野が狭くなったりもします。混乱して神さまに忘れられたように感じる時もあります。しかし、その時がどんな時であるのかを見分けなければならないでしょう。何よりも、時が満ちる最後の時まで、ベストを尽くしながら耐えることが必要です。忍耐できないのは、神の介入が必ずあると確信していないか、あるいは信じることができないからです。
 
 「忍び抜いた人たちはさいわいであると、わたしたちは思う。あなたがたは、ヨブの忍耐のことを聞いている。また、主が彼になさったことの結末を見て、主がいかに慈愛とあわれみとに富んだかたであるかが、わかるはずである。」「あなたがたの中に、苦しんでいる者があるか。その人は、祈るがよい。喜んでいる者があるか。その人は、さんびするがよい。」(ヤコブ5章)時は神が定められ、神の時は必ず来ます。その時が来ると、驚く早さで状況が変化するでしょう。今週も期待しましょう!

Comments are closed.