心のオアシス 2019年2月10日

 今年から礼拝メッセージは、旧約聖書・創世記から順番に学んでいる。
 先週は“信仰の父”と呼ばれるようになったアブラハムが登場した。彼は今から4千年前に、当時偶像崇拝者であった父の元に生まれましたが、一つの信仰の決断が一つの新しい民族を生み出し、今や全世界に散らばっています。それがユダヤ人なのです。旧約聖書によると神は、罪に溺れる人々を正しい道に導くために、エデンの園から追放し忍耐をもって見守っておられましたが、ノアの時代に悪がはびこり、大洪水によってノアとその家族以外を滅ぼされました。それからまた時は流れ人が増え、ノアの時代の水のさばきを忘れ去られてしまった時代に、高い塔を建て創造主を忘れ、人間中心の社会になった時、今度は一つだった言語を乱されて、それぞれの民族として地の果てにまで散らされました。そして神さまは救いの祝福を与えるために、次なる計画を実行されたのです。それは全く新しい一人の人を選んで、そこから生まれてくる人々を、新しい民族として立て、その新しい民族を通して全世界の人々を祝福するというものでした。そしてその完成形が、アブラハムの時代から2千年後に、系図上ではその子孫として生まれたキリストだったのです。
 一人の小さな信仰が、世界を変えていきました。アブラハムの信仰とは、全世界の人々が創造主を知らなくても、私は神さまの呼びかけに応じます!という姿勢でした。彼は周りに創造主を信じさせる人や環境がなかったにも関わらず、神の呼びかけに従いました。信仰とは、皆がやってるから、自分もやってみようというレベルのものではないのです。
 そしてもう一つ。信仰とは、自分の可能性ではなく、神さまの可能性に賭けることです。アブラハムが選ばれるために、どのような条件があったでしょうか? 彼は創造主を知らない人でした。しかし神さまは、そんな彼に一方的に選び声をかけられたのです。アブラハムが偉大な存在となったのは、ただその声に従ったからなのです。
 神さまは、私たちを選んで、この地上に生かし、今も声をかけ続けてくださっています。今こそアブラハムと同じように、その声に反応してみませんか?! 

Comments are closed.