【メッセージ】2019年1月20日 「死んでも生きる」

創世記5章1~5・21~24節

(創世記5章1~5・21~24節) 5:1 アダムの系図は次のとおりである。神が人を創造された時、神をかたどって造り、5:2 彼らを男と女とに創造された。彼らが創造された時、神は彼らを祝福して、その名をアダムと名づけられた。5:3 アダムは百三十歳になって、自分にかたどり、自分のかたちのような男の子を生み、その名をセツと名づけた。5:4 アダムがセツを生んで後、生きた年は八百年であって、ほかに男子と女子を生んだ。5:5 アダムの生きた年は合わせて九百三十歳であった。そして彼は死んだ。 5:21 エノクは六十五歳になって、メトセラを生んだ。5:22 エノクはメトセラを生んだ後、三百年、神とともに歩み、男子と女子を生んだ。5:23 エノクの年は合わせて三百六十五歳であった。5:24 エノクは神とともに歩み、神が彼を取られたので、いなくなった。

Comments are closed.