心のオアシス 2018年12月30日 

 今年も残り少なくなりました。この時期になるといつも一年を振り返って感謝を神さまに捧げるようにしています。そしてその感謝は、関西で開拓を始めた8年前にさかのぼります。当初は、礼拝できる集会所の一室があり、3人の方が来てくださることに感謝していました。それから毎年のようにして不思議なことが起こりました。子どもの数が少しずつ増えてきた時に、道本賢司先生が、「是非とも開拓をお手伝いさせてください!」と自ら私たちの教会に飛び込んでこられました。教会のホームページを充実させる必要が出てきた時に、その道の達人が教会に加えられました。集会所から追い出される事態になった時、藤長先生が快く東大阪福音教会の石切チャペルを貸してくださいました。そして遠い未来の夢であった聖歌隊がこんなに早く結成されようとは想像していませんでした。娘が牧会を手伝ってくれるようになってヤングチャペル(中学生礼拝)会や青年会が出来上がり、礼拝の音楽の奉仕などを中高生が仕切るようになるとは、夢のまた夢でした。そして礼拝前に強制的?にコーヒーをサービスする教会になるなんて、これも想定外でした。関西聖書学院から毎年神学生が派遣されて助けてもらえるようになりました。ダンディーな男性たちの有志がカルテットを、愛らしい子たち?のフラダンスチームも結成されました。昨年には役員の方々が選出され、堺にレストラン教会まで与えられました。表ばかりの奉仕だけではなく、裏で祈ってくださり、静かに礼拝に出席される方、チラシを配ってくださる方、献金をしてくださる方、誰に言われるわけでもなく掃除をしたり、ゴミを持って帰ってくださる方々、その他様々な方々の働きによって、教会は支えられています。開拓当初はすべて私一人でしていましたが、神さまが必要な時に、必要な存在を周りに置いていてくださっていることに不思議を感じ、感謝が尽きません。
 私たちの歩みは、誰かによって支えられていて、その背後に神さまの手の働きがあるということを知る必要があると思います。今年も奇跡の連続でした。そして新しい年も、それは継続するでしょう。良いお年を!

Comments are closed.