【メッセージ】2018年10月21日「すでに恵みの中にいる」

マタイによる福音書20章20~24・29~34節

(マタイによる福音書20章20~24・29~34節) 20:20 そのとき、ゼベダイの子らの母が、その子らと一緒にイエスのもとにきてひざまずき、何事かをお願いした。20:21 そこでイエスは彼女に言われた、「何をしてほしいのか」。彼女は言った、「わたしのこのふたりのむすこが、あなたの御国で、ひとりはあなたの右に、ひとりは左にすわれるように、お言葉をください」。20:22 イエスは答えて言われた、「あなたがたは、自分が何を求めているのか、わかっていない。わたしの飲もうとしている杯を飲むことができるか」。彼らは「できます」と答えた。20:23 イエスは彼らに言われた、「確かに、あなたがたはわたしの杯を飲むことになろう。しかし、わたしの右、左にすわらせることは、わたしのすることではなく、わたしの父によって備えられている人々だけに許されることである」。20:24 十人の者はこれを聞いて、このふたりの兄弟たちのことで憤慨した。 20:29 それから、彼らがエリコを出て行ったとき、大ぜいの群衆がイエスに従ってきた。20:30 すると、ふたりの盲人が道ばたにすわっていたが、イエスがとおって行かれると聞いて、叫んで言った、「主よ、ダビデの子よ、わたしたちをあわれんで下さい」。20:31 群衆は彼らをしかって黙らせようとしたが、彼らはますます叫びつづけて言った、「主よ、ダビデの子よ、わたしたちをあわれんで下さい」。20:32 イエスは立ちどまり、彼らを呼んで言われた、「わたしに何をしてほしいのか」。20:33 彼らは言った、「主よ、目をあけていただくことです」。20:34 イエスは深くあわれんで、彼らの目にさわられた。すると彼らは、たちまち見えるようになり、イエスに従って行った。

Comments are closed.