心のオアシス 2018年7月8日

 アブラハム・リンカーンの略歴です。
 1816年 リンカーン一家は家の立ち退きを迫られ、家族を養うために働き始める
 1818年 母親死去
 1831年 共同経営の店が倒産
 1832年 イリノイ州議会に立候補し落選し失業
       法律学校を受験し失敗
 1833年 友人から借金をして新しい商売を始めるが同年中に倒産
       17年かかって借金を返済する
 1834年 再び州議会に立候補し当選
 1835年 婚約するが相手の女性が死亡し、失意のどん底に
 1836年 極度の神経衰弱に陥り半年間病床につく
 1838年 州議会議長に立候補し落選
 1840年 大統領選挙人に立候補し落選
 1843年 連邦下院議員に立候補し落選
 1846年 再び連邦下院議員に立候補し当選
       ワシントンに移り、業績をあげる
 1848年 連邦下院議員の再選をめざすが、落選
 1849年 国有地管理局長の職を逃す
 1854年 連邦上院議員指名投票で落選
 1856年 共和党大会で副大統領候補としての指名を狙うが落選
 1858年 連邦上院議員指名投票で再度落選
 1860年 アメリカ大統領に選出される

 「何かやろうと決めたら、途中でやめてはいけない、と誰でも思っている。努力することが、人生において我々に与えられた義務だからである。私はその義務を果たすようにとの神の声を聞いた。」(リンカーン)
 彼の執務室の机の上には、いつも開かれた聖書が置いてありました。

Comments are closed.