関西カルバリーフェローシップへようこそ!

8月の予定

☆毎週日曜日の午前10時半と午後2時からの礼拝は必ず行なっています。
 小学生低学年対象のキッズクラス(日曜学校)は、日曜日午前9時50分より。(30分)
 小学生高学年~中学生対象のヤングチャペルは、日曜日午前10時30分より。(1時間)(New)

 以下はそれ以外の関西カルバリーフェローシップ関係の集会予定です。

☆毎週日曜日・午後4時半から大阪府堺市でも礼拝を行なっています!(New)
 住所:大阪府堺市中区平井709-1 
    大阪府堺市中区平井702(ナビ検索用)<無料駐車場35台分完備> 
 ※詳しくは、「集会案内」をご覧ください。  

8月中は、キャンプなど対外的な集会が多いため、平日の聖書セミナーなどは、全てお休みいたします。
9月から再開しますので、よろしくご了承くださいませ。
 

※各集会は1時間前後で、無料(自由献金有り)です。
※セミナーや集会は、どなたでもご参加いただけます。詳しい場所などは、お問い合わせください。
 (花まるキッズクラブは小学生対象)
※急な変更を余儀なくされる場合がありますので、集会参加希望の方は前もってお問い合わせください。

【メッセージ】2018年8月19日 「恐れる必要はない」

  ●聖書箇所や賛美の歌詞など詳細を表示する

マタイによる福音書10章26~33節

キッズクラス「燃える柴」

「わたしが、あなたとともにいる。これが、あなたのためのしるしである。
このわたしがあなたを遣わすのだ」
出エジプト3:12

心のオアシス 2018年8月19日

 アメリカのベリーという女性には、大きな夢がありました。それは、自分のように貧しさのゆえに勉強できない子供たちのために学校を建てるということでした。ある日、祈っているうちに思いついたことがあって、大富豪のヘンリー・フォードを訪ねました。そして彼に、学校を建てるための寄付を募ったのです。話を聞いていたヘンリー・フォードは、コインを1枚差し出しました。それは屈辱的な拒否の表現でしたが、彼女は失望せず、祈った後、そのコインで一袋の種を買い、それを空き地に蒔いて育てました。毎年少しずつ種の量は増え、数年後には農場に変わりました。ついに建物を建てることができたベリーさんは、もう一度ヘンリー・フォードを訪ねました。「数年前にいただいた1枚のコインによって、成し遂げた成果を見てください。」ヘンリーは、コイン1枚で学校を建てたという言葉が信じられず、農場を見に行きました。そして、深く感銘を受けた彼は、学校のために100万ドルを寄付しました。
 北森かぞう先生が書物の中で、このように言っておられます。「私たちの天の父なる神様は、あくまで『信仰』の対象であって、『実感』の対象ではありません。もし、『実感』できるのであれば、信仰する必要はないでしょう」。これは、自分の願った方向に物事が進んでいるということを実感していなくても、神の愛を実感することができなくても、神さまは最善をしてくださるということと「神は愛なり」と信じることなのです。
 ベリーさんは、現実的には、とうてい学校など建てることができない1枚のコインで、学校を建てることができました。どうしてでしょうか? それは目に見える現実によって判断したのではなく、信仰を働かせたからです。神さまが与えてくださる小さな一粒のからし種ほどの信仰があるならば、それは現実に奇跡を生み出し、死に対する解決さえ与えるものなのです。娘を失って落ち込む会堂司ヤイロに対してイエスさまは、「今、恐れるのをやめて、信じ続けなさい!」と言われました。その時の気分や状況によって左右される“点としての信仰”ではなく、どんなことがあっても動かない“永続的な信仰”を求めておられるのです。

【メッセージ】2018年8月12日 「主にあって手遅れはない」

  ●聖書箇所や賛美の歌詞など詳細を表示する

マタイによる福音書9章18~26節

キッズクラス「モーセの誕生」

「主は、すべてのわざわいからあなたを守り/あなたのたましいを守られる。」詩篇121:7