関西カルバリーフェローシップへようこそ!

4月の予定

☆毎週日曜日の午前10時半と午後2時からの礼拝は必ず行なっています。
 キッズクラス/日曜学校(小学生低学年対象)は、日曜日午前9時50分より。(30分)
 ヤングチャペル(小学生高学年~中学生対象)は、日曜日午前10時30分より。(1時間)

 以下はそれ以外の関西カルバリーフェローシップ関係の集会予定です。

☆毎週日曜日・午後4時半から大阪府堺市でも礼拝を行なっています!
 住所:大阪府堺市中区平井709-1 
    大阪府堺市中区平井702(ナビ検索用)<無料駐車場35台分完備> 
 ※詳しくは、「集会案内」をご覧ください。  

16日(火)奈良・京終セミナー(列王紀上)/午前10時半~
17日(水)英語であそぼう(奈良県生駒)/午後4時~
23日(火)奈良・京終セミナー(列王紀上)/午前10時半~
24日(水)英語であそぼう(奈良県生駒)/午後4時~
 

※各集会は1時間前後で、無料(自由献金有り)です。英語であそぼうは、1回500円。
※セミナーや集会は、どなたでもご参加いただけます。詳しい場所などは、お問い合わせください。
 (花まるキッズクラブは小学生対象)
※急な変更を余儀なくされる場合がありますので、集会参加希望の方は前もってお問い合わせください。

【メッセージ】2019年4月21日 「大きな石を転がすための秘策」

マルコによる福音書16章1~12節

キッズクラス「復活の朝」

心のオアシス 2019年4月21日

 今日はイースター。イースターとは「復活祭」とも呼ばれ、イエス・キリストが墓からよみがえられたことを記念する日です。アメリカの教会で、何年もの間、受け継がれてきた心暖まる実話があります。
 ある教会の日曜学校にスティーブンという肉体的も精神的にもかなりの弱さを持っている8歳の男の子がいました。イースターの前の日曜日に、その日曜学校の先生が自分のクラスの10人の生徒達に、空の卵の形をしたプラスティックの容器を渡しました。次の日曜日に、イースターの話に関連する物をその卵の中に入れてくるようにと課題を出したのです。次の日曜日に、生徒たちが持ってきたそれぞれの卵が開かれていきました。あるものには、命の性質を示す小さな花が入っていました。他のものには、墓からころがった墓石を意味する石が入っていました。他には色紙のチョウチョウが入っていました。それは私たちの中で起こるキリストによる生まれ変わりを表していました。そして先生はスティーブンの卵を開けました。それには何も入っていませんでした。他の9人の生徒はそれを見て笑いました。先生はスティーブンが宿題のことを理解するのが困難であることを知っていましたので、何も言わず、すぐに次の卵を開けようとしました。するとスティーブンはそれに割り込むようにして言いました。「先生、ボクの卵を飛ばさないでください。」先生は答えました。「だけどあなたの卵は空っぽですよ。」その時スティーブンは自信をもって言いました。「その通りです。その卵はイエス様の墓のように空っぽなのです! これは全ての人のための新しい生命を意味しているんです!」その年の夏、スティーブンは体の状態が悪くなって召されていきました。葬儀には何百人という人たちがきましたが、棺に入れられた10個の空の卵の形をした小さな容器の意味を知っていたのは、9人の子供達と日曜学校の先生だったというお話。
 イエスさまは今も生きておられます! ハッピー・イースター☆

【メッセージ】2019年4月14日 「神の時を待つ」

  ●聖書箇所や賛美の歌詞など詳細を表示する

創世記25章24~34節

キッズクラス「十字架」